04/邂逅 _うつわ・空間・写真

◎ 活動記録 004_2005

◎ 邂逅_うつわ・空間・写真
   
                         後援 : 名古屋芸術大学
 
□作陶家・加藤高宏は、これまで百貨店や老舗のギャラリーなどを中心に作品の発表を行ってきた。加藤唐九郎を祖父に加藤重高を父とし、陶芸界では期待の若手作家のひとりとして多方面から展覧会への誘いがある。今回、それらの誘いを後に回してでも行われたのが、本展覧会「邂逅ーうつわ・空間・写真」である。ここで試みられたのは販売を第一の目的とした商業ギャラリーの展示では行えない一種の「遊び」であった。rin’の立地条件、建物空間の面白さに刺激を受けた加藤は私たちとともに、展示空間に作品で関わることによってひとつの場を生み出すことを試みようとしたのである。
(本展覧会では、作品の販売を行なっていない。)

展示空間にはいくつかの境界が設定された。通路、うつわの置かれた場と写真作品の吊られた場、布による仕切、階段、複数の部屋、大きな天窓、床まで開いた窓、井戸のある部屋、暗い部屋と明るい部屋、渡り廊下、それらをめぐるように会場が作り上げられた。 この展覧会は、来場者が「うつわ・空間・写真」という場としての作品の中を通り抜けることで、ひととき、日々の時間や空間の層から離れられるようなものとして考えられている。

ここでは、出展された加藤高宏の「うつわ」と坂倉守の「写真」、および展示風景の一端を写真で紹介する。
  
  
展示風景と作品

21f
*1階ギャラリー うつわ展示風景


11f
*展示された志野茶碗


31f
*1階ギャラリー奥 写真作品展示風景


41f02
*宙に吊られた写真作品


51f01
*床に置かれた写真作品


62f
*2階の渡り廊下を利用したうつわ展示


72f
*2階の多目的スペースでの写真展示


82f
*2階多目的スペースでの展示写真作品


92f
*2階多目的スペースでの展示写真作品


102f
*2階アトリエを利用した展示風景


11
*黄色瀬戸花器/作品の一例


 

展覧会パンフレット

本展覧会の開催にあたって常滑の風景と作品の写真を組み合わせた写真集「邂逅 ー うつわ・空間・写真」が刊行されました。
その内容をここに紹介します。
 
                         撮影・編集 : 坂倉 守


1_4


2_4


3_2


4_2


5_2


6_2


7_2


8_2
 
 
  ☆写真撮影の仕事、お引き受けしております。お問い合わせください。

              ◇ e-Mailrin2005@nifty.com

 
 
 トップページへ戻る

 活動記録一覧へ戻る  

 ページ先頭へ戻る