12/常滑アート&デザイン工場

◎ 活動記録 012_2007

◎ 常滑アート&デザイン工場「利助 三信 佐平治」
 
01
 
□このたび、名古屋芸術大学との共催で「景観」をテーマとした展覧会を2007年の4月28日〜5月6日に開催しました。常滑の観光コース「焼きもの散歩道」の中に点在する「rin’」「名古屋芸術大学常滑工房」「金太郎窯」「スペースとこなべ」「常滑屋」というギャラリーやショップ、工房として再利用されている元焼きもの工場を会場として用い、これらを巡り歩くように設定してあります。
 「焼きもの散歩道」は、小高い丘の上、路地が細く入り組んだ迷路のような一帯に、使われなくなった焼きもの工場のレンガ煙突や窯跡などが多く残る場所で、かつて盛んだった焼きもの産業が衰退して寂れた風景が広がっています。産業遺産としての、この地域特有の景観を保全し観光資源として再利用しようとする動きがある一方、景観を度外視した開発なども進んでいます。
 本展覧会は、産業の再編が進められるこの時代において、地域の歴史風土に根ざした風景と根こそぎ変わりゆく風景の混在する場所「常滑」で、「再利用」「景観」などを主なテーマとした「デザイン」「現代美術」「考現学」「映像」「写真」などの作品や研究成果を示したものとなっています。
 
* 以下に会場の様子を写真で紹介します。
 
02

03

04

06_2

07

08

09_2

10
11
12
13
14
16
17
18
写真撮影:坂倉 守(さかくら・まもる)
  
  
  ☆写真撮影の仕事、お引き受けしております。お問い合わせください。

              ◇ e-Mailrin2005@nifty.com

 
 
 トップページへ戻る

 活動記録一覧へ戻る  

 ページ先頭へ戻る