14/丹羽康博展・ひくとみちる

◎ 活動記録 014_2007

◎ 滞在制作プロジェクト 丹羽康博展・ひくとみちる
 
Photo
   
   
            滞在という旅のかたち
             制作という思索の方法
            展覧というひとときの夢
   
   
   
◎ rin’のアートプロジェクト「とこなめ滞在制作」

□丹羽康博は、2007年現在、愛知県立芸術大学の大学院で彫刻を学んでいます。今回、夏休みを利用して7月24日からrin’のアトリエに約一ヶ月滞在して作品制作を行うこととなりました。

 制作といっても、キャンバスに向かったり、石や木を彫るような行為が行われたわけではありません。毎日、海や山や町を歩いて拾い物をしたり、写真を撮ったり、思いついたことをメモしたりしながら、気の向くままに常滑やその周辺を歩き続けたのです。

 それは、ひとつの旅であり、思索の方法なのでしょう。

 滞在ももう一ヶ月になろうとする8月20日、彼は、滞在中のアトリエからギャラリースペースに足を踏み入れました。それから、5日間をかけて、この常滑滞在の中で見聞きし肌で感じ考え、拾い集めたものなどを丁寧に選り分けながら、この空間をひとつの展覧会として作り上げていったのです。
 
     * 丹羽康博による滞在中のブログはこちらから *
               ↓
       http://blog.goo.ne.jp/tokonameyasuhiro/
  

○ 作品「石と発泡材」(常滑の浜で拾ったもの)と展示の様子
Photo_3

1_3
   
  
○ 作品「ひくとみちる」の展示風景  
Tpl_20070830_7338
Tpl_20070831_7353
Tpl_20070827_7259
Tpl_20070831_7358
Tpl_20070828_7277
写真撮影:坂倉 守(さかくら・まもる) 


  ☆写真撮影の仕事、お引き受けしております。お問い合わせください。

              ◇ e-Mailrin2005@nifty.com

 

 トップページへ戻る

 活動記録一覧へ戻る  

 ページ先頭へ戻る