2009年10月26日 (月)

◎ 縁側にて

□展覧会「常滑フィールド・トリップ2009」の最終日の終了間際、一組のカップルが私の展示会場を訪れた。門を入り、雑草の庭のあいだを抜ける小径を通り、家の縁側のところにたどり着いた。座ってもらうために備えておいた座布団に彼らは無言で座った。夕暮れ間近のひととき、鳥や虫の声が聞こえる。風に揺れる庭の草葉の音。静かな時が流れる。ふたりは、お互い一言も話すことなく、庭の雑草や道の向こうの景色をゆっくりと眺め続けている。私は、彼らがこの場でのひとときを十分味わったと思われる頃合いを見計らって、声をかけた。
「この展覧会を何でお知りになりましたか」
「たまたま観光に来て歩いていたら面白そうなことをやっていたので、案内標識に沿ってここまで来てしまったんです」
23箇所ある会場の、ここは22番目だ。どこから見始めたのかは聞かなかったが、まるで彼らは長い旅を終えた後のような雰囲気を漂わせていた。
時間は、午後5時になった。この日のこの時をもって展覧会がすべて終了する時間となったのだ。彼らにとって「常滑フィールド・トリップ2009」の最終地点は、ここだった。思いがけない旅路に迷い込み、私の会場までたどり着き、家の縁側に座り、無言で庭とその向こうの風景を眺めていた彼らは、私にとって最も望ましい来客の姿であった。彼らは「常滑フィールド・トリップ2009」の最後の旅人に相応しかった。
私は彼らを家の中に招き入れ、そこに展示してある作品を見てもらった。4ヶ月をかけて手入れした庭で集めた草や種、昆虫の抜け殻や屍骸、雨だれに磨き込まれた小石などが端正な配置で展示してあるのを見て、「写真にとっていいですか」と問われる。「どうぞ」と答える私。
いつしか日も暮れてあたりは薄暗い。小さな声で「どうも、ありがとうございました」の一言だけを残して、彼らは静かに立ち去った。その後の静寂のひとときを一人味わい、私は展覧会の幕をおろした。
Weed08



«◎ 創作のための